タグ別アーカイブ: 炭水化物

「炭水化物を寝る前に摂ると太るんでしょ…?」ほとんどの人が勘違いしていること

「寝る前だから炭水化物取らないようにしないと…。」

こんにちは!エターナルフィットトレーナーの矢坂です。

今回はパーソナルトレーナーをやっていてよくお客様からいただく質問の一つ「寝る前に炭水化物を摂ると太るのか」についてお話していきます。

寝る前の炭水化物は、

寝る前に炭水化物を摂ったからといって太るということはない。

というのが結論になります。

もちろん摂り方によっては体重増加に繋がる場合もありますが基本的に「寝る前だから」という理由で体重が増加するわけではありません。

前提1日の総摂取カロリーと同じかそれ以上の消費カロリーであれば体重が増加する可能性は低くなります。

寝てる間は消費できないんじゃないの?

といったお声もいただきますが、やはり大切なのはトータルのカロリー収支になります。

直前まで食べていないということは、そこまでの間に消費しているでしょう。

むしろ寝る前だからという理由でご飯を抜いてしまい「夜間低血糖」やそれに伴う睡眠の質低下、トータルの摂取カロリー不足になってしまう方がデメリットが大きいと言えそうです。

また、翌朝になり体重が増えていたとしても、夜に食べたものがまだ内臓に残っているからというケースがほとんどです。(浮腫などでより水分を蓄えている可能性もあります。)

体脂肪は増えないの?

逆に体脂肪の増えるであろうケースを考えてみましょう。

例えば1日の運動量が少ない日や、筋トレをしていない日です。

運動をすることで筋肉内にある筋グリコーゲン(要するに糖質)を枯渇させ、摂取した炭水化物(糖質)がそこへ運ばれる訳です。

しかし、普段より運動量が少ない日というのは筋肉内にまだグリコーゲンが満ちている状態。

容量を超える分の炭水化物は体脂肪として蓄えられる可能性があります。

しかし、これも「寝る前だから」ということにはならないでしょう。

夜は体脂肪が作られやすいって聞いたよ?!

こちらに関してはブログ限定の少し難しい話になるのですが、こういった論で用いられるのが「Bmal-1」というタンパク質で体内時計のコントロールと脂肪を作る役割をもつタンパク質。

このBmal-1が多く分泌されるのが23時〜2時ころという情報から寝る前の炭水化物摂取は良くないと語られることがあります。

しかし、2016年の報告でこのBmal-1には「炭水化物を体脂肪にして蓄積する」という役割は少なく、脂肪を材料に体脂肪を蓄積しやすい。

さらに、全体的な体脂肪としてではなく肝臓周りの脂肪として蓄積されやすいことが明らかになっています。

余談になりましたが、「寝る前でも炭水化物摂ってもいいんだ!」と思っていただけるきっかけになれば幸いです。

また、前回の記事で「炭水化物について」の記事も書いておりますので併せてご覧くださいませ。

エターナルフィットについて

エターナルフィットは札幌市のメディカルフィットネスです

ダイエットはもちろん、生活習慣病をお持ちの方でも通っていただけます。

迷っている方はまずはパーソナルトレーニングの体験からがおすすめです。

・ダイエットなどのなりたい目標のカウンセリング

・体組成計(Inbody)の測定とアドバイス

・目的に合わせたオーダーメイドのパーソナルトレーニング

これらを体験していただけます。

お電話かHPからご予約ください!

今なら通常3,980円のところ、「990円」でご案内しています!!

🔸エターナルフィット西町南

→→011-215-7789

🔸エターナルフィット厚別

→→011-375-7666

血糖値とダイエットの関係性「血糖値の上昇と体重の増加って関係しないの?!」

エターナルフィットトレーナーの矢坂です!

皆さんはこんなことを聞いたことはありませんか?

「血糖値が上がると太りやすい」

もしかすると、これを信じた結果炭水化物を摂ることが怖くなってしまっている方もいらっしゃ

るかもしれません。

今回は

・血糖値が上がると太るの?
・血糖値には気をつけるべき?

についてお話していきます!


ぜひ最後までお付き合いください。

血糖値と体脂肪の関係性

さて、「血糖値が上がると太るのか」についてですがこちらは明確に否定をさせていただきます。

血糖値が上がることと、太ることに明確な因果関係はない。と考えていいでしょう。

ではなぜ「血糖値が上がると太る」と言われているのか。

それは、血糖値が上がった際に分泌されるホルモンである「インスリン」が関係しています。

このインスリンは血糖値が上がったときに正常に戻すために分泌されます。

そしてこのインスリンには体脂肪を作る作用があるためにこのような話がされているわけです。

しかし、実際に体脂肪に変わるのは食べ過ぎた分のエネルギー。

筋肉や肝臓にエネルギーとして蓄えて「もう必要ないよ」という状況で摂ったエネルギーが体脂肪として蓄積されていきます。

もちろん、運動をしていたり筋肉量を増やすことができれば「もう必要ないよ」のラインを引き上げることができるわけですから、「血糖値が上がる」と「太る(体脂肪が増える)」がイコールの関係にはないことが分かるでしょう。

血糖値には気をつけるべき?

しかし、血糖値という言葉があるわけですから全く無視していいものでもありません。

例えば、急激に血糖値が上がった後は急激に血糖値が下降します。

これを「血糖値スパイク」と言いますが、たくさん食べた後に眠気に襲われるのはこのためです。

午後から勉強をしたい、お仕事を頑張りたいなんて時のお昼ご飯は血糖値を上げやすい食事は控えるといいかもしれません。

一方で増やした方がいい場面もあります。

実はインスリンには筋肉を作る作用があります。

筋肉をつけたい人や成長期のお子さんなどはしっかりと糖質を摂ることが望ましいでしょう。

1日の推奨量については過去の記事でも触れているでご一読ください。

終わりに

昨今コンビニやスーパーで「ロカボ」や「糖質〇%オフ」をうたう商品が増えています。

もちろん摂り過ぎれば体脂肪に変わりますが、「糖質を制限する」ことが「痩せる」に直結するわけではございません。

商品においては糖質をカットする方がコスパがいいために昨今糖質制限食が増えていると言えるでしょう。

まずはご自身が今摂るべきカロリーとPFCバランスを知るところから始めていきましょう!

これまでの生活歴や普段の活動量でも変わってくるのでぜひ一度エターナルフィットのトレーナーにご相談ください!

エターナルフィットについて

エターナルフィットは札幌市のメディカルフィットネスです

ダイエットはもちろん、生活習慣病をお持ちの方でも通っていただけます。

迷っている方はまずはパーソナルトレーニングの体験からがおすすめです。

・ダイエットなどのなりたい目標のカウンセリング

・体組成計(Inbody)の測定とアドバイス

・目的に合わせたオーダーメイドのパーソナルトレーニング

これらを体験していただけます。

お電話かHPからご予約ください!

🔸エターナルフィット西町南

→→011-215-7789

🔸エターナルフィット厚別

→→011-375-7666

いまさら聞けない!ダイエットと栄養の知識「炭水化物」について

こんにちは、トレーナーの高清水です。

今回はダイエットはもちろん、健康にも必要な「炭水化物」について解説していきます💡

昨今よく聞く「ロカボ」や「糖質制限」が効果的なのかどうか。
実践する前にぜひこちらを参考にしてみてください。

【炭水化物とは?】

炭水化物とは、糖質と食物繊維を合わせた総称です。

そして、糖質と食物繊維はそれぞれまた数種類に分けられます。

【炭水化物の役割とは?】

糖質の役割は

・身体活動の一番のエネルギー源

食物繊維の役割は

・血糖値の上昇を防ぐ

・便秘や下痢の改善、食欲の抑制

このように、炭水化物の中でも、それぞれ役割が異なります。

【1日にどれくらい摂ればいいの?】

厚生労働省の「日本人食事摂取基準」によると

炭水化物50~65%
タンパク質13~20%
脂質20~30%

世界的に大体このようなバランスが推奨されています。

このように、炭水化物は人間の活動に必要なエネルギーの元になる栄養素。

なんと、1日の食事の半分以上が必要になります。

そのため、無理な食事制限はむしろ身体にとって悪になりかねません。

ダイエットをしている方は専門家に相談の上で、食事を変えていきましょう!

エターナルフィットは札幌市のメディカルフィットネス

ダイエットはもちろん、生活習慣病をお持ちの方でも通っていただけます。

迷っている方はまずはパーソナルトレーニングの体験からがおすすめです。

・ダイエットなどのなりたい目標のカウンセリング

・体組成計(Inbody)の測定とアドバイス

・目的に合わせたオーダーメイドのパーソナルトレーニング

これらを体験していただけます。

お電話かHPからご予約ください!

🔸エターナルフィット西町南

→→011-215-7789

🔸エターナルフィット厚別

→→011-375-7666